(俺の考える)中学、高校の勉強ができるようになる方法。東大もこれの延長。

もう中学高校は夏休みに入ったところも多いと思うので書こうと思う。俺は東大生、もっと厳密に言えば東京大学教養学部文科一類に所属している大学生なのだが勉強に困っている人も多いと思ってこの記事を書こうと思う。(このブログを見ている人で東大を受けるような人はいないと思うが)

東京大学はしばしばかなり入るのが大変な大学と言われる。そういうこともあって、自分が東大生だと言うと大体ちょっと色眼鏡で見られるのだが、ある程度勉強して運がよければ誰でも入れる。確かにある程度の基準が自分と世間では違ったり、ある程度勉強できる人が世の中にそういないのだが。。。(根気、やる気、環境などが原因か)

しかし、勉強というのは最初はつまらないし辛いが、ある程度する、またはできるようになると(高校受験と大学受験なら模試の偏差値60くらい?)むしろ面白いものになってくるしそこまで苦痛でもなくなってくる。つまり、勉強が苦痛な原因はほとんど勉強ができないからだ。(小学生が勉強がつまらないっていうのは簡単すぎるからかもね^^;)

だから勉強が面白くなるには勉強ができるようになる必要がある。そして、勉強がつまらないと思うような人には勉強が苦痛だからすぐに勉強ができるようになるような勉強を教えないと行けないのだ。だから俺はあくまで自分の考えたものだがその勉強の仕方みたいなものを伝えたいと思う。

まず、理科、社会、数学、これに関しては教科書をやることが重要だと思う。そして、英語、国語は参考書と教科書の2つが大事だと思う。よく参考書だけあれば大学に受かるのは簡単で教科書は答えがないからダメだ、というような意見をネットで見るがそれは正しい部分も荒れば間違っている部分もある。それは教科書にも教科書ガイドという答えが売っているからだ。

まず、多くの人が苦手としている数学は定義、公式の意味がわかっていないとある程度の学校の入試問題は解けないし、問題を解いているときにただよくわからずに公式に数を当てはめているだけになってしまう。だから、定義が書かれ、公式が導かれている教科書は非常に重要なのだ。そして、基本例題や基本問題(要するに章末問題などの難易度の高い問題以外)だけに絞れば大した問題数ではないし著者を見れば東大の教授や某有名進学校の教師ばかりが書いているので質も担保されていてこれを解けるようになることで苦手意識が払拭されればすぐに成績は伸びるだろう。理科を同様の理由だ。それらができるようになってから「一対一対応の演習」や「標準問題集」で演習を積めば差はつくし、東大でも理三を狙ってなければぶっちゃけこれに加えて「スタンダード演習」等の少し難易度の高い演習書や過去問をやれば足りる。個人的には、チャート式の問題を教科書で基礎を固めていないうちにやっても身にならないのでヤメたほうがいい。

そして、社会はどんな難関私大だろうと基本的に社会で差をつけるのはコスパが悪いし、国立ならば理論上は教科書の内容が丸暗記できれば満点が取れることになっている(一橋大学もさえも満点は無理だが教科書の内容を万全にすれば差はつかないしむしろ差はできる。)だから、教科書を暗記して過去問で傾向をつかむくらいで十分。教科書を暗記しないうちに論述演習は上で書いたように基礎がないうちから演習書をやるようなものだし絶対におすすめしない。

英語、国語(古典、現代文)は文章を読むという経験が必要な科目でもある。英語、国語は読めれば解ける問題しかないと思って構わないと思う。(英作文、リスニング、スピーキングも基礎は読むこと)だから、英語は文法は薄い参考書で固めて、辞書があれば読める状態にすることが大事だ。それは古典も同様。その後は、英語の場合は単語が多いので、単語の暗記が古典以上に苦痛だと思う。だから海外の文化に興味を持つために洋楽、洋画、外国文学等に触れることも一見勉強と関係ないように思えるが大事だ。その過程で英語の発音を矯正するような本を学んで英語ができるようななってほしい。教科書は素晴らしい文章が多くあるので読んでほしい。しかし、英語の文章は自分でも探せるのでgraded readersを使うのも良い。古典は教科書ガイドに完全な訳、単語が載っているのでそれを参照しながら文書を読み進めると自然に力がついてくる。現代文も入試の硬い文章に慣れるために教科書を読むと良い。そして、文章の設問を解いて、教科書ガイドで答えを見るとすごく力がつくと思う。

 

簡単に今回の記事をまとめると、勉強が苦手な人は教科書ガイドや薄い文法書を買って自分で勉強するといいと思うよ丸

です。(クソみたいな記事ですみません。。。)

最近の俺

最近書くことがなかった。それには大学での勉強、バイト、サークル等色々あるが、単純にネットから離れていたことが多かった。その間に思ったことは好きな人ができなくなっていたということだ。誰かを好きになるのはそれなりに気力みたいなものが必要で今の俺にはあまり余裕が無いからか(ブログを書く余裕はある)恋愛感情を持て余している。だが、彼女をつくることで人間的に成長できるということもその間に学んだつもりだ。人間的に成長するというのはかなり抽象的だからもう少し具体的に言うと、人との意思疎通がよりうまくなるということだ。そして、俺は人と意思の疎通を図ることが苦手だ。だから、それを改善するために彼女を作りたいが、好きな人がいない。

彼女を作る目的はコミュニケーション能力をつけるため。しかし、彼女は誰でも良いわけではないというのがなんだか変な気がしないこともない。まあそれは置いておこう。

具体的な計画を考えた。俺は大学生だから普通に考えて彼女も大学生となるだろう。だから、大学生と交流を増やせば彼女もそのうちの何人かなれるんじゃないかと考えた。だからこの夏は女子大学生と交流をする夏という位置づけを勝手にしようと思う。自分で言うのも何だが、中高男子校だった割には女子の知り合いは多いと思う。(ただの勘違い野郎?)だから、彼女たちの友達の中に暇で俺と遊んでくれる人を探そうと思う。俺は頭が悪いが、一応それなりの大学には入ってる。だから経歴を見てオモシロイと思ってくれる人もいるはずだと思う。だから、この夏は勇気を出して、いろんな女性と関わってみようと思う。では、期末試験なので勉強をしなければ。。。

守ったらだいたい負け。

普通の人がどうかは知らないけど、俺は年齢が近い人と話すと変に意識してしまって上手く話せない。年が離れていれば自分の素が出せるので上手く話せる。だから最近思うことはわざわざ同年代の彼女を作らないで、自分と年の離れた小さな彼女を作れば良いのではということだ。しかし、問題は目的に合った人を探すのが難しいということで、学生だからバイトくらいはしているが、教え子に手を出すわけにはいかないのでどうやって探すかが問題だ。知らない子に突然話しかけるのはただの犯罪だしねえ。

日本人の差別意識。ある人はある。

今朝テレビを見たらディーンフジオカさんが出てて、そこで奥さんがインドネシア人だということを言っていた。そのとき一瞬スタジオの雰囲気が俺が以前感じたような雰囲気になった。その雰囲気というのはなんとも言えないぎこちなさを含んだ雰囲気だった。

東京に俺は住んでいて、外国人の方をよく町中で見かけるが、やはり東京でもいかにも外国人という外国人と個人的に接点がある人は少ないように感じる。つまり、黒人や白人、東南アジアの人など中国、韓国などの日本人と顔の似ている(純粋な単一国家がないということもわかってるが、あくまで一般に思い浮かべる人種)人たちとは違う人とはあまり国際的な都市の東京でも身近な存在ではない。俺が海外で遊んだときにノルウェーの女の子に会ってその子のことが好きになったのだが、その子はおそらく日本人が一般に思い浮かべるノルウェー人と違い黒人系の子だった。僕が帰国した後、ノルウェーの女の子のことを話すと、周りは当然のように白人女性という前提で話すのだ。ここまではいいのだが、その子が白人ではないと言うと、雰囲気が微妙に変わる。がっかりしたような雰囲気というのだろうか。大半の人は微妙な雰囲気を醸し出す。一部に直接差別的なことを言う人もいるがそれは本当にごく少数だと感じる。

ここで思うのは、日本には結構人種で差別と言うのだろうか、反応を変える人がいるのでは、ということ。他にも、サンフランシスコに行った帰りにアジア系の人が多かったと言ったときそれってアメリカ行った意味あるのと言われたこともある。日本人は少し白人至上主義的なところがあるように感じないこともない。メディアからも同じことを感じる人はいるのではないだろうか。俺はこの原因の一つには日本での異人種間の交流不足があると考えている。交流が増えれば自分の偏見も少しずつなくなるのだと思う。もっと自分と違う人との関わりを持つべきだという当たり前のことが今回のシメだな。

大学生というのは(過度な一般化)

大学生というのは暇だ。これは世間でよく言われている言説だと思う。

確かに大学生になってからの俺は高校生、そして浪人生だったときに比べて遥かに暇だ。しかし、だからといって周りの大学生が暇人ばかりかというとそういうわけでもない。

僕はよく友達をごはんに誘う。その多くの場合相手はサークル、部活、バイトなど様々な理由で自分は暇ではないので指定した時間でしか行けないということを言ってくる。

そう、大学生は暇なのではなくて、大学が暇なのだ。そのため多くの学生は自分で何かしらの用事を作り暇から逃れるのだ。そして特に人気のある女子なんてのは全然忙しくない。

人気のある女子(容姿に恵まれた女子)は日々何かと用事を入れている。女性は男性と違ってかなりスケジュールをみっちり入れる傾向にあると思うので俺の狙っている女子なんてのはすごい。前までは俺と一緒に飯を食べたくないからわざわざやってるのかと思っていたが、実際彼女たちの予定のつまりようはすごい。

そういうことで、少しお誘いを断られたくらいでへこたれないように生きたほうが精神的なダメージが小さくて良いと思う。(なんだこりゃ)

悲しい。はじめの一歩。

今日オレはとある大学に行ってきた。そこではある語学の検定試験があったのだがそこにいる美人の数に驚いた。世の中にはあんなに美人がいるのか、と。

しかし同時に俺とは全く関係のない世界で彼女たちが生きているという事実を認識して悲しくなった。多分俺にはあんな彼女はできない。

それもそれでいい人生だと思うよ、別に楽しいことがあれば。だけど一度でいいからあんなかわいいこと付き合いたいと思ってしまう。こんな卑屈な俺には少なくともあんなに可愛い子は構わない。そう思うことで楽してるんだけどね。自分でもわかってる、前に踏み出さなきゃって。

初めの一歩。近い将来、きっと。

自己紹介

大学1年。男。顔は可もなく不可もなし。勉強はそんなにできない。運動は普通くらい。

彼女いない歴=年齢。

そんな俺が彼女を作るための道程等をつれづれに書いていこうと思う。